ガーデン・エクステリア・外構工事の花椿 大阪 岸和田 泉佐野 はなつばきくらぶ

花椿ホームへ

花椿の実績

花椿の仕事

花椿ニュース

花椿について

コンクール入選作品のご紹介カタログ掲載作品のご紹介

カルチャー教室

お客様の声
よくある質問
契約までのフロー
花椿について

 

 

花椿も参加しています。
 
チャレンジ25%とは?
深刻な問題となっている地球温暖化。この解決のために世界が協力して作った京都議定書が平成17年2月16日に発効しました。世界に約束した日本の目標は、温室効果ガス排出量6%の削減。そしてさらに2020年までに1990年比で25%削減する。これを実現するためのキャンペーン、それがチャレンジ25%です。

花椿 スタッフ紹介 ほんまもん実践会

 

“花椿”は、ほんまもん実践会スタッフで運営しています。会社案内はコチラ

 

花椿代表 迫田宗人

 

アドバイザー迫田和麿 WEB担当 栗原

私「お得感」大好きなんです。とにかく日々お客様に損をしてもらわないよう「必死のパッチ」

でございます。

 

お客様との出会いは後生大事にし、日々精進を心がけています。

 

花椿Webはお客様の心とつながっています。
【えんちゃん】 2003年5月29日生まれ 
 庭園の「えん」宴の「えん」円「まる・楽しい・仲良く」
という意味から命名されました!
手にはスコップ、ペットの「ツバッキー」と共に

「本当のお客様満足」のために毎日走り続け、
お休みの日のお散歩のときも、
お庭で困っている人たちを手助けしています
  

 

エクステリア業界在籍26年のベテランアドバイザーが告白

「安かろう、悪かろう」が蔓延 もう見ていられません。
近年さらに加速するエクステリア業界の価格競争…。お客様にとっては価格が安いに越した事はないと思いますが、 価格に伴い工事品質の低下・デザイン性の低下が著しい様に思われてなりません。

さらに、お客様のライフスタイルに合わせた使い勝手が無視されていること一生のうちでおそらく一番大きな買い物となるでしょうマイホーム。 数ヶ月から年単位での打ち合わせを経て、多くの方が初体験の中で試行錯誤しながら手に入れられたマイホームが、 最終仕上げ段階でがっかりする結果に終わってしまう事が非常に多い事。

私は満を持してこの業界の改革に立ち上がりたいと考えています。

最近当店へご来店頂けるお客様の中にも、外構付分譲住宅をご購入されて出来上がりを見てびっくり、というお客様が何組もご相談におみえになります。

建築の打ち合わせには住宅営業マンもお客様も、かなりエネルギッシュに丁々発止しながらお互い損をしない様に白熱したやりとりがあると聞いています。

しかし、いざ外構工事の打ち合わせとなると、さらりと
「これが標準プランです。変更は追加○○万円くらい必要です。」

住宅の営業さんは家を売るのが仕事ですから、外構(エクステリア)工事に関しては、あまり興味がなく手短に。

 建築中の仕様変更(グレードアップ)に多額の追加請求も重なり、お客様は 渋々「お任せします」。

その結果、予算のしわ寄せを受けて施工された外構(エクステリア)工事はプロの目から見るとやはり散々です。

建物の中は道行く人には見えませんが、建物の周囲は意外とよく見られているもので、そのイメージの良し悪しで 暮らす人の印象を左右してしまうといっても過言ではありません。

エクステリアはいわば住まいの衣装です。お菓子のおまけ的な考えを改めなければ後悔するお客様は後を絶ちません。

 私の聞く話では、中京地方では家を建てる際に、家はハウスメーカーさん・工務店さん・大工さんへ依頼し、エクステリアは、エクステリア専門店へ依頼するというのが常識となっているそうです。

その結果、かなりハイセンスな住宅が多いと聞いております。

やはり餅は餅屋です。

私は地域性の壁を乗り越えて、『安かろう、悪かろう』が蔓延している非常識な常識を改めたく思い、この泉州地区にもっとたくさんの質の高いエクステリア専門店の参入を願うと共に地域活性の為に安くても質の高いエクステリアを地域に広報し続けます。

追伸

住まいの無駄と不満の解消をまじめに考え、皆様方の家づくりを真剣に応援したいと考えております。

どうぞ、皆様の住まい作りが成功される事を心よりお祈りいたします。